読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は楽しいかね?

 

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

 

 

試してみることに失敗はない。

目標は臨機応変に変えていく。

降ってきた偶然を捕まえられるか、日常に転がっているチャンスに気がつくかどうか。

世の中は待ってくれない=すぐはじめなければならない。

 

思考は現実化する

 

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

 

 

 

まんがで納得ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

まんがで納得ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

 

 

僕は自己啓発本大好きです。(自己啓発本読んだだけで自分が何事か成し遂げたような気分になって、それだけで満足しちゃうから一切生活が好転することはないんですけど。)

 

でもこの超有名な本は読んだことなくて、今回KindleUnlimitedで無料で読めるということで読んでみました。

 

う~ん、これ原著がどうなのかは知らないけどそんなに持ち上げられるような本か?っていうのが印象です。ナポレオン・ヒルの生い立ちやインタビューした人のことについてだらだらだらだらエピソードが書いてあって途中で読むのが苦痛になりました。

まぁざっくり言うと思考は現実化しようというエネルギーを持ってるから目標や願望をしっかり持って、自分にならできると信じて事に当たればそれが本当に起きますよってな感じの本。成功のためには報酬以上に働けとか成功者は即断即決するとかなんかありきたりなこともたくさん書いてある。

本に書かれてることをさらっと知っときたいくらいの場合、下のまんがで書かれてる本で充分だなと思いました。

 

実際こういう本読んで書かれてる通りに行動なんてまずできない。だから毎日の生活は変わらない。だけど自己啓発本読むことで一瞬だけでも前向きに生きる気力が湧くから自己啓発本好き。

 

「わかりやすい」文章を書く全技術100

 

「わかりやすい」文章を書く全技術100

「わかりやすい」文章を書く全技術100

 

 

KindleUnlimitedで読みました。

もっと人に伝わる読みやすい文章が書きたかったんでね。

しかし僕が想像していたような斬新なアイディアやテクニックというものはありませんでした。

『文章の途中の区切りのいいところで「、」を打ちましょう』とか『使い方を間違った表現は使わない(役不足等)』とか『いやそりゃそうだろ!んなことわかってるよ!』という極めて基本に忠実な本でした。

まぁ裏技みたいなもんはないってことですね。

冒頭で、「文章を書く技術の類書には掲載されている技術の数が不十分なものも多いです。」と書いてありましたけど、他の本では常識すぎてわざわざ載せてないだけなのでは?って感じが否めない。

 

近年、ブログやtwitterの登場で、個人が第三者に向けて簡単に自分の気持ちを表現できる場が身近なものとなりました。ソーシャルメディアを使っている人たちの大半はこの本に載っているようなことは自然と身についているのでは?とtwitterやブログを見て思うのでした。日々読み手にわかりやすい文を書くということを意識して書くことこそ、わかりやすい文章を書けるようになる一番の近道であるってことですね。

KindleUnlimitedが図書館ユーザーの僕を変えた三つの理由

KindleUnlimitedとは、月額980円でUnlimited指定されている本が読み放題になるサービスです。対象指定されている本はビジネス書や小説はもちろん、洋書やコミック、雑誌も対象です。

はじめはスルーしてたんだけど、ラインナップみて30日間無料らしいのでやってみたら世界が変わったのでこのサービスの良い点をご紹介します。

 

・家の中で本が手に入る

僕が住んでる図書館は坂の上にあるので今までは坂道を自転車漕いで通っていました。それがなかなか大変で、特にこれからの寒い時期は億劫になりますし、本は読みたいけど行くのが面倒だからやめようってなりがちですけど、これなら家にいながら何冊でも読み放題です。読んでちょっと違うなと思ったらすぐ返して新しい本を読めるのも魅力的です。図書館のように返却期限に縛られ、返しに行く手間も省けます。

 

・ラインナップが豊富

サービスがはじまって一ヶ月ほどで講談社の本が削除されたりということがあったそうですが、それでも僕の想定していたより遥かに多くの本を読むことができます。

図書館だと人気の本は予約しないと借りられませんが

今アップされてる本が提供され続けるなら一年は暇潰せるなって感じです。月刊雑誌が更新されていたり、対象冊数はどんどん増えていくでしょうから1年どころではないでしょうけど。

 

・マーカー引き放題

電子書籍なので、ビジネス書をよく読むのでいいなぁと思ったところには印をつけたい派なんですけど対象を選択するだけで簡単に色がつけられます。ブックマークもつけられて、後からマーキングしたページにすぐ飛ぶことも出来ます。

 

まだはじめたばかりなのでこれから不満点も出てくるかと思いますが、月980円でこれはかなり安い。1000円分以上の暇つぶしはできる。

ますますオフの日の引きこもり化に拍車がかかりそうだ。

ぬすっともんすたー

どっかでアホな元自衛官がテロもどきの自殺をしたらしい。遺書があったみたいだが内容は知らない。でもわざわざ爆発する自殺をするっていうことは何か相当な恨みがあったのだろう。逆恨みかなんなのか知らないが。

 

僕にもこの世で許せない奴が一人いる。

僕が小学生の頃、越戸君という小学五年生にして身長180cmオーバーの友達がいた。

越戸君はサッカー部でキーパーをしていて、その類まれなる身体の大きさを武器にそこそこ活躍していたようだ。そんな越戸君と生まれ持っての陰キャラ属性の僕がどうして仲良くなったか今ではきっかけが思い出せない。遊戯王カードなんかを一緒にやったり、ちょっと遠くのオモチャ屋までチャリで行ったり、銭湯にいったのはいい思い出だ。そんな感じでまぁそれなりに仲良く遊んでいたのだがある日事件は起きた。

当時ロボットポンコッツというゲームが僕と越戸とK君の間で流行っていた。ポケモンメダロットみたいなそんな感じのゲームボーイで発売されたソフトだ。

ロボットポンコッツが発売されて数日後、何かに取り憑かれたかのようにロボポンに熱中していた僕の家に越戸が来た。越戸とロボポンで遊び、越戸が帰ってからまたロボポンやるかーと思ってゲームボーイを探したが部屋のどこを探してもゲームボーイがない。小学生の僕はかなり焦り半泣き状態で家中を探し回ったがどこにもない。その日は持ち出していないので僕の部屋の中にはあるはずなのにない。越戸君が間違えて鞄に入れて持って帰ってしまったのかな?とその日はロボポンがやりたい気持ちをなんとか抑え我慢して次の日学校にいくと越戸が学校休んでいた。それから越戸は不登校になった。僕は親に頼み込んで新しいゲームボーイを買ってもらった。

そしてこのゲームボーイ行方不明問題は1年以上経ってから解決する。

僕が学校の廊下で越戸が盗んだ可能性が高いという話をしていたところを担任の先生が聞いていた。そして詳しく事情を聞かれ、先生は越戸に直接話にいったようだ。

数日後越戸は数ヶ月ぶりに登校し、放課後僕にゲームボーイを返した。そしてまた不登校になった。

正直もう新しいゲームボーイを買ってしまっていたし、ロボポン発売日後すぐにロボポンがやりたかった僕の気持ちはやりきれないし、弁償含め損害賠償を要求したい。

何より親にゲームボーイ1台分の余計な出費をかけてしまったのが今思い出しても本当に申し訳ないというか悔しい。

中学もずっと不登校でどうせろくな大人になってないだろうから今更どうこう言って変に逆恨みされても困るので蒸し返すつもりはないが、あいつがしたことは立派な犯罪だし俺は生涯越戸と窃盗を許さない。

ハートウォーミングシティ北海道

先週月曜から金曜まで休みを取って北海道に新婚旅行に行ってきました。

北海道の人は優しい。線路がわからなくてどっちだろう?って悩んでたら、尋ねてもないのに「あっちだよ」って教えてくれる。朝の通勤時間に、カメラで駅と嫁を撮ってたら「(2人で写ってる写真を)撮りましょうか?」って声をかけてくれるおじさんがいたりする。おじさんは撮り終わった後小走りで信号のほうへ渡っていった。

こちらからお願いしなくても自然と助け合うそういう空気が北海道にはある。

素晴らしい地域だ。

北海道で人から受けた優しさを今度は僕が関西で人にお返ししていかなければならない。

そう強く思った。

岡崎体育とかいうバケモノ

岡崎体育、こいつの音楽を聞く前はじめて顔だけみたときは「なんやこのブサイク…これ顔出しちゃいけないタイプのやつだろ…」と思ってた。パワー系ガイジというかこういう系の顔は生理的に受け付けないのである。

だってこの顔である。

f:id:penguin0926:20161001100154j:plain

 

どうせ大学デビューしたキョロ充が、周りから面白いとか持て囃されて勘違いして、モテるためだけに音楽やってんだろとか思ってた。

 

でも歌聞いて衝撃を受けた。「なんだこのバケモノは…」と。

そして一気に好きになってYouTubeでリピートしてた。


岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video

 

あるあるネタをノリのいい音楽に乗せるっていうのはあるある探検隊然りオリラジ然りだいたひかる然り笑いの王道なのである。歌詞になっているあるあるネタの精度が高いことにも驚かされるが、曲自体耳に残りやすく聞いててかっこいい。

酢豚のパイナップル、生ハムメロン、世の中は一見相容れないものに見えても合わせることによる大きな化学変化を生み出すことがある。

 

ネタと音楽どちらもハイレベルで、これは間違いなく才能。

売れないわけがない。

もちろんネタがない普通な曲もあってその曲もかっこいい。

 

食わず嫌いしてたけど、やっぱり売れているものには何かしらの理由があるんだなぁ。