読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる

 

死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる

死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる

 

 私は日夜どうすればお客さまに自社サービスをご利用いただけるか悩む営業マンです。

この本のような営業マン向けの本はかなりの数を読んだと自負していますが、どれも書かれていることは大抵同じです。ただ同じ内容のことが書かれていても伝え方が違えば受取方も変わります。

繰り返しますが、この本に書かれていることはよく言われていることです。きっとどこかで聞いたことのある話と作者の自慢話しか載っていません。作者の自慢話にイライラしながら、しかし、読後「また既存の本の焼き増しか」といった感想ではなく、頑張ろうという気持ちになったのは作者の伝える技術と想いがあるからだろう。

例えば「商品のメリットを売り込む前にお客さまの現状を褒めろ」というのはうちの会社でもよく言うことだけど、それがなぜかはいまいち説明がない。とにかく褒めてから売れとしか教えない。しかしこの本では「褒めれば謙遜し、愚痴が出てくる。不安不満を自然と自分から話すのでスムーズにニーズ換気できる」と購買意欲が起こる心理状態を解説している。

 

昔は営業は誠実さが大切だーとかお客さまを好きになれーとか言われても綺麗事だと思っていたことが、最近は営業の真理なんだと思ってます。

話法も大事だけど本当に大事なのは話法ではなくメンタル。

読み込んですべて自分のものにしたい、そう思える本でした。

 

注)こんなタイトルですがただ死ぬ気でやれ!という精神論だけを説いた本ではありません。販売心理学に基づいたセールスパーソンとお客さまの心の動きを文章化できている良書です。