読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前前前世から僕はコードを探し始めたよ

思ったこと


前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

 

映画「君の名は。」が大ヒット中である。

ぜひとも私も見たいのだが、いささか一人で映画を見に行くというのは抵抗がある。

「泣ける」と言われている映画をおっさんが見に行って、映画館から目を赤くして一人で出て来るところを誰かに見られたときのことを思うと一種のホラーである。

私と一緒の回を見た人たちにはラブストーリーとホラーを同時に味わってもらえるかもしれないが、余韻に浸りたいカップルからしてみたら雰囲気台無しである。

 

さて、この映画はストーリーも然ることながら映像美と音楽を褒め称える感想が多い。確かにRADWIMPSの劇中歌「前前前世」はノリもよく聴く者のテンションを上げてくれる。私はこの歌がとても好きで、まだ映画を見ていないけれど何回もYouTubeでリピート再生している。とても好きだ。

 

音楽自体もステキなのだがMVもステキなのだ。

中盤でRADが忍者と侍と農夫になる。当然歌詞とは何の関係もない。いきなり変身する。何の脈絡もなく。そしてよく回る。ギターから出てるコードが絡まるんじゃないか心配になるくらいよく回る。後半に入るにつれ、メンバーがゴリラになる。焚き火をしているゴリラが手を叩いている。岡崎体育の言葉を借りるなら、何のメッセージ性やねんこれ。

そして終盤また回る。もうその頃にはゴリラとか侍とかどうでもよくて、コードが絡まる心配で画面に釘付け。

見るものの心を魅了するMVというのは間違いなく名MVである。